メガネ

若い世代も注意が必要

スマートフォンの普及もあり、老眼のような症状は年配の人だけの悩みではなくなりました。予防策としては適度に目を休めること、十分な睡眠をとることなどがあげられます。目の不調を感じた場合は、まずは眼科に相談し老眼であるかを判断してもらいましょう。

詳しく見る

中年女性

目を休める時間を作る

老眼は予防できるので、気になる人はやってみましょう。例えば、スマートフォンやパソコンなどの機器をあまり使わないようにするといったことから始めるのもいいかもしれません。目を休める時間をなるべく取るのもおすすめです。

詳しく見る

メガネ

目の健康を維持するには

老眼の症状は高齢者だけではなく、最近は若い世代にも訴える人が増えています。予防策としては適度に目を休めること、ストレッチやツボ押しなども取り入れてみましょう。紫外線を過剰に目に入れないこと目の健康に良い栄養素を摂ることも予防につながります。

詳しく見る

男性

悪化を防ぐ為に

近くが見えにくい老眼の治療方法としては、眼鏡やコンタクトでの調整、さらにレーシック手術などがあげられます。現在は良い治療方法も登場していますが、悪化させないことも大事ですので、予防策も考えていきましょう。

詳しく見る

中年女性

眼の老化を防ぐには

老眼は眼の老化現象なので、全身のアンチエイジングが予防に繋がります。抗酸化作用のある食品を摂取し適度な運動をして血行を改善することが大切です。細かい作業をするときは、ときどき眼のストレッチを行うのも効果的です。

詳しく見る

水晶体が硬くなって起こる

メガネ

眼球トレーニングを行う

多くの人は、40代を過ぎたころから老眼の症状が出始めます。老眼が起こる原因は、カメラでいうところのレンズの役割をしている水晶体が硬くなってしまうからです。人間の目は遠くを見る時は水晶体を薄く、近くを見る時は厚くして視覚を調整していますが、水晶体が硬くなると厚みの調節ができず近くにピントが合わせづらくなってしまいます。老眼は病気ではなく加齢の一環として起こるため、治療法というものはありません。しかし、予防策をとることで老眼の時期をずらすことは可能です。では、予防法にはどのようなものがあるかというと、簡単な目のトレーニングです。目をぎゅっと閉じてぱっと開くという目の運動や、眼球を時計回りにぐるりと一周させる運動、近くのものを見た後すぐに遠くを見るという目の体操などがあげられます。そのほか、生活習慣や食生活に気を使うと更に予防効果を高められます。水晶体を若く保つために必要なルテイン、目のピント調節を調整する作用のあるアスタキサンチン、眼精疲労を和らげるビタミンB1やビタミンCを積極的に摂取すると良いでしょう。また、紫外線に瞳が晒されると水晶体の老化も早まるため、予防のためにサングラスをかけるのもおすすめです。そして、老眼を感じたら視力にあった老眼鏡をつくることも大切です。見えにくいのを我慢していると頭痛や食欲不振、吐き気などを引き起こすこともあります。眼鏡で適切な視力を保つことが重要になります。

Copyright© 2018 目の健康維持について【予防策をとることで老眼の時期をずらす!】 All Rights Reserved.