目を休める時間を作る

中年女性

OA機器をあまり使わない

老眼になりたくないという人は、若いうちから予防につとめてみるといいでしょう。その方法はいろいろあります。インターネット検索をしたり、口コミ情報を参考にしたりして、一つ一つ試してみるのもいいかもしれません。例えば、老眼の予防というとOA機器をあまり使わないようにするといったことがよく挙げられています。ここで言うOA機器というのは、パソコンやスマートフォンのことです。これらの機器を長時間使い続けていると、どうしても瞬きの回数が減ってしまいます。つまり、画面を凝視する時間が長くなってしまうので、ドライアイになってしまうこともあるのです。ドライアイから老眼に繋がってしまうこともあります。それなら、なるべく画面を凝視しないように、定期的に瞬きを意識するという予防をしてみるのもおすすめです。しかし、これは難しいものがあります。瞬きを意識していると画面に集中できなくなってしまうことでしょう。それなら、最初から瞬きに意識をするのではなく、これらの機器を使わない時間を取るようにすればいいのです。老眼の予防には目を休ませるといったことも挙げられます。仕事柄、どうしても様々なOA機器を使わなくてはいけないという人も居ることでしょう。それなら休憩時間を作ればいいのです。1時間使ったら10分、目を休ませるというように工夫をしましょう。ちょっと目を瞑る時間を作るだけでも老眼の予防になります。休日は一切OA機器を使わないなど、自分でルールを決めるのもいいかもしれません。

Copyright© 2018 目の健康維持について【予防策をとることで老眼の時期をずらす!】 All Rights Reserved.