目の健康を維持するには

メガネ

眼鏡やサプリメントも活用

老眼は高齢者に多い目の不調というイメージがありますが、40代ぐらいから進んでいくことも多く、現在はスマートフォンの普及などもあり、若い世代にも老眼のような症状を訴える人が増えています。老眼は加齢で起こる体の変化ということもあり、ある程度は仕方がないと言えますが、やはり悪化はしないよう、しっかり予防をしていきたいところです。まず、目に過度な負担をかけることは良くありませんので、予防策としてはパソコンやスマートフォンを良く使用する人も適度に目を休めることが大事です。目を閉じるだけでも目の疲労の軽減となりますし、ツボ押しや軽いマッサージ、さらにストレッチや目の運動も取り入れていきましょう。老眼になると近くが見えにくくなりますが、無理をして老眼鏡を使わないことも目を疲れさせる原因となります。それぞれに合う度数の眼鏡を選び、視力を補っていきましょう。それから、過度に紫外線を浴びることは美容にも健康にも良くないとされていますが、目にも悪い影響が出ると言われています。老眼の予防のためには日差しの強い日の外出の際はサングラスを使うなど、目に紫外線を入れない工夫もしていきたいところです。さらに瞳のアンチエイジングにはルテインやビタミンA、アントシアニンなどの栄養素も良いと言われています。老眼の予防のためにはこうした成分を含んでいる食材を積極的に摂ることも役立ちます。毎日となると多くの栄養を摂るのは難しいですが、サプリメントも活用すれば毎日無理なく続けていくことができます。

Copyright© 2018 目の健康維持について【予防策をとることで老眼の時期をずらす!】 All Rights Reserved.