眼の老化を防ぐには

中年女性

ストレッチも効果的

老眼の原因は加齢に伴って眼の水晶体が硬くなったり、毛様体筋が衰えてピントが合わせにくくなったりすることです。一口に言えば眼の老化現象であり、年を取れば誰にでも起きることなので心配はありません。ただし不便なのを我慢していると、眼精疲労による頭痛や肩こりを起こす場合もあるので、早めに度の合った老眼鏡を用いることをお勧めします。老眼を予防するためには、まず全身の老化を予防することが大切です。眼球は小さい割には多くの血管や神経が集中しているため、老化が早く訪れるという特徴があります。20代や30代の若い人でも、日頃から眼を酷使していると早く衰えてしまう可能性があります。パソコンやスマートフォンはもちろん、細かい字を読んだり細かい作業をしたりするときは、1時間に1回ぐらいの割合で眼を休める必要があります。その際には遠くのものと近くのものを交互に眺めて、毛様体筋のストレッチをすると効果的です。血行を促進して活性酸素の排出を促すことも老眼予防に役立ちます。緑黄色野菜やナッツ類など抗酸化作用のある食品を多めに摂取し、適度な運動を行うことはアンチエイジングの基本と言えます。また自律神経を酷使しないためには、できるだけストレスを避け十分に睡眠を取ることが大切です。逆にタバコは血行障害の原因にもなるため、禁煙を心がけたほうがよいでしょう。一度老眼になってしまうと元には戻りませんが、生活習慣の改善で予防することが可能です。

Copyright© 2018 目の健康維持について【予防策をとることで老眼の時期をずらす!】 All Rights Reserved.